行政書士鶴田雄一郎事務所

当事務所は営業に必要な申請書、届出書をお客様に代わり作成提出いたします。

建設業許可をとりたい、産業廃棄物収集運搬業を始めたい方など是非、当事務所へご相談ください。

TEL 0956-87-2379

初回の相談料は無料です。

(平日10:00-18:00)

メールでのお問い合わせもお受けしています。

実績

令和3年度: 長崎県建設業許可、 長崎県産業廃棄物収集運搬、佐世保市産業廃棄物収集運搬(積替え保管含む)佐世保市一般廃棄物収集運搬業 他

見積・明朗会計

お支払い金額(報酬・法定手数料)を提示してからのご依頼となります。追加費用が発生することはございません。

事業サポート

許可後に注意する点、更新の手続きのご案内、など申請手続き後もサポートいたします。

長崎県建設業許可

建設業許可前の事業者様から公共事業に入札される事業者様まで幅広く対応しています。建設業許可を取るのは難しいと言われていますが取れる方はすんなりと許可が取れます。許可を取るための条件がわかっていれば、そのとおりに事業を継続していけばいいだけです。大きくわけて3つの条件(要件)があります。一つは、建設業の経営者(準ずるを含む)の経験が5年から6年ありますか?建設業の技術を有していますか(国家資格や経験年数)?財産的基礎はありますか(資本額や現預金が500万円以上)?

 建設業許可を取るために3つの条件が揃うようにサポートします。すぐにある方だけでなく時間をかけないとない方でもご相談下さい。できる限るの方法を考え、提案させていただきます。

 建設業の公共事業入札に参加するためには、建設業許可と経営事項審査が必要です。この経営事項審査は長崎県が実施するためのものですが、県内の市町村の公共事業入札でも利用される審査です。経営事項審査により評点が算出され、その数字が入札結果に反映されます。つまり、評点を上げることにより公共事業の仕事が取りやすくなります。経営事項審査の書類作成だけでなく、評点をあげる方法もアドバイスさせていただきます。

 

産業廃棄物収集運搬業許可

 産業廃棄物収集運搬業を始めるには、県または市町村の許可が必要です。まずどこに書類を提出するのかで疑問が生じます。行政書士のなかでも、この手続きができる方は他の許認可申請より少ないと思います。よって行政書士に依頼する場合は、できるかどうかを確認した方がいいでしょう。

 産業廃棄物収集運搬業の積替え保管なしを取得しても、業務が拡大するに従い、積替え保管を行う必要がでてきたり、特別管理まで事業を拡大したり、処理施設を建設したり、業務が拡大する傾向にあります。現状、産廃業界は業者数も多くなく、大きな利益が見込める業界だと思います是非、当事務所に相談されて、新たな事業を起こして欲しいと思います。

一般廃棄物収集運搬業

一般廃棄物収集運搬業を始めるにあたっては、各市町村に許可申請を提出する必要があります。一般廃棄物の種類(可燃性のごみ、不可燃性のごみ、粗大ごみ、家電品等)を、どれだけの量を、どこに運搬するのかを決めて申請書に記載する必要があります。

初回相談無料

0956-87-2379

事務所概要

About Company