International Marriage

国際結婚ビザ申請

行政書士鶴田雄一郎事務所

結婚ビザのご依頼は 行政書士鶴田雄一郎事務所

ビザの取得率 100% 継続中

長崎・佐賀で国際結婚をお考えの方は事務所へご相談ください。

配偶者が日本で生活するためには日本人の配偶者等という在留資格が必要です。

結婚手続きが完了したとしても、日本に無条件にいることはできません。

婚姻前の在留資格には期限があります。自分でやることの不安ははかりしれないものがあります。結婚ビザとれなかったら結婚相手になんて言おう。離れて暮らすことになったらどうしよう。

これらの不安を払拭するためにも専門家へ依頼することを推奨します。

依頼するメリット
Merit

・入国管理局の窓口に行かなくてもいい

 入管の窓口は、初めての方は緊張するものです。最低でも2回は行くことなります。当事務所で提 出と受取全て行います。

・入国管理局の質問も当事務所で対応します。

 入管の職員さんから、平日昼間に書類の提出指示、質問事項が電話で着ます。平日昼間に仕事で動けない方、電話に出れない方などでもスムーズなやりとりで早く結婚ビザをとることができます。

・結婚ビザの取得の可能性を最大限に。

 必要な証拠書類収集、質問書の書き方など、当事務所の実務経験を生かして在留資格取得の確率を高めます(令和3年1月時点では100%取得しています)

国際結婚手続きの流れ
Procedure

①事前準備

配偶者となる方が、すでになんらかの在留資格で日本にいる場合は、日本人は市役所等へ婚姻届、外国人は領事館等へ婚姻届を提出することによりビザ申請の準備は出来たことになります。

 配偶者が外国にいる場合、まず日本に呼び寄せるための手続きが必要です。配偶者がビザ免除措置の国の方であればビザの申請は不要ですが、そうでない場合は短期のビザが必要です。

ビザ免除国

②入国管理庁への申請

日本人の場合は戸籍(外国人配偶者の名が入っている)と領事館等が発行した結婚証明書がまず必要です。それに入国管理庁が指定した書類一式が必要になります。当事務所に相談に来られてお話をお聞きすると、入管窓口で職員から聞かれていることに答えているのに、ビザが取れそうな返事がもらえないとか。あまり話を聞いてもらえなかったとか。不安になって相談に来たというご夫婦がいらっしいます。

③入国管理庁からの質問

 窓口の方一人で結婚ビザの許可を出すかどうか判断するわけではないので、審査部に上げてから場合によっては、いろいろな質問、追加資料の提出の指示があります。ここで素早い対応をしないと結婚ビザの許可が下りるまえにビザが切れてしまい問題が生じます。入管担当者も急ぐように指示をされます。当事務所では迅速に提出するようにしています。

④結果通知

 約1ヶ月~で入国管理庁からハガキが送られてきます。許可が出た場合はこれを持って、申請した出張所へ出向きます。ここで結婚ビザの在留カードを手にすることができます。

取引の流れ
FROW

お電話かお問い合わせによりご連絡ください。

ご相談にうえ、ご依頼を希望され場合は、数日中にお振込み、もしくは現金をお支払いください。

許可をとるため細心の注意を払いながら書類一式を作成し、入国管理庁佐賀出張所又は長崎出張所に持参して提出します。

提出時にお客様へご報告します。

入国管理局よりはがきで許可の可否の通知が着ます。許可が取れた場合は、在留資格カードを入国管理局より受け取り、お客様へ手渡しいたします。

料金表
PRICE

お振込み先

口座名義: 行政書士鶴田雄一郎事務所

金融機関: 十八親和銀行佐世保支店

口座番号: (普通)4272297

※お振込み手数料はお客様のご負担でお願いします。

事務所概要
About Company

当センターのポリシー

・依頼者様がビザが取れるように全力を尽くします。

・お客様に無駄なお金を支出させないたため。ご相談のうえ、ビザ取得の可能性が極めて低い場合はお受けいたしません。

ご相談

0956-87-2379

 営業時間 10:00 – 18:00(日除く)

行政書士鶴田雄一郎事務所

Email 01@tsurudagyosei.com

Company 2018 © All Rights Reserved. Design by yuichirou tsuruda